FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生で・・・

タイトル見て、やらしい想像した、そこのあなた!!

一歩、前に出てください(笑)

さて、漫画喫茶のデートからしばらくして、夜デートに行くことになりました。

この時は不思議なことに、真美とエッチしたいというより、
真美と一緒にいれれば、嬉しいという気持ちが強く、
下心なしでデートコースを考えました。
というか、無理に誘ってする、というのは、ぼくの性分ではないので、
真美の気持ちが高まるまで待ち続ける、という気持ちでした。


で、決めたのは、お好み焼き。
ぼくは大阪人ではないけど、真美は関西出身。
なかなか付き合いはじめにもいかないだろうと思い、真美に提案しました。

「ゆうくんが決めてくれるなら、私は付いていくよ」

嬉しいこと言うじゃない(笑)

そのあと、

「でも、スカートじゃなくと、ズボンでもいいかな?」
と、質問が。

デートでは、ズボンよりスカートっていう気遣いがかわいいですよね。
でも、お好み焼きじゃ、油は飛び散るし、座敷の可能性もあるから、
スカートよりズボンですよね。


当日、ジーンズにブラウスを着た真美と会いました。
8月の暑い時期でした。

うん、やっぱりかわいい。。。
ジーンズも似合っています。

女性のスカートもいいけど、ジーンズもお尻や太ももの形がぴったりと分かるので、
個人的には好きです。
あの、窮屈な感じを脱がすのも楽しみの一つです(笑)

店はあらかじめリサーチしていた店に入り、
関西出身の真美に、お好み焼き作りを披露してもらいました。
何を頼んだかは覚えていませんが、よく笑い、おいしく食べたと記憶しています。

「関西って一家に一台、たこ焼き機があるんでしょ?」
「家でもよくお好み焼きするの?」
「お好み焼きのヘラって置き方間違えると熱くなるよね」
などなど。

食べ終えた後は、ぶらぶらデートです。

もちろん、思いは一つ。
真美とキスしたい。。。。。

偶然、近くに夜景がきれいなリバーサイドの公園があったので、
夜景を見ながら、ベンチに座りました。

このとき、真美から、旦那さんとの深い話を聞きました。

あまりエッチしていないこと。
しても、口でしてあげるだけで終わっちゃうこと。。
こういう経験は初めてだから、男女の関係になるには不安があること。。。
でも、ぼくと一緒にいることで、今までにない気持ちが強くなっていること。。。。

真美の気持ちを受け止めてあげること。
それがぼくの役割だと思いました。
でも、真美のこうした悩みに対して、答えを出すことは出来ません。
そばにいて、話を聞いてあげる。
それしかぼくにはできないけど、それを最大限、頑張りました。

真美の肩を寄せ、真美はぼくの肩に頭をもたれながら、
色々な思いを吐露してくれました。

当然、ぼくも妻とのセックスレスのこと、真美への気持ち、
すべて正直に話しました。

「ゆうくんのこと、どんどん好きになっている」
「もう一線を越えた関係になっちゃったけど、
 もっと先の関係になるには時間がかかるけど・・・」
「それでも私のこと嫌いにならない??」

なるわけありません。
「こういう関係だけど、おれは真美のこと真剣に好きになっている」
「おれも男だから、真美のこと、全て知りたい」
「でも、真美の気持ちが一番大事なので、いつまでも待つよ」

この後、真美のことを強く抱きしめました。
ぼくの気持ちを抱きしめた腕、体から、真美に伝えました。
真美も、ぼくの体に腕を回し、力強く、抱きしめ返してきました。

そして、何度も何度もキスをしました。
真美の全てを受け止めるように・・・・
真美も、唇から、腕から、体から、気持ちを伝えてくれました。

公園だったけど、人通りも少ない夜。

キスしながら、真美のおっぱいをブラウスの上から
何度も何度も優しく、気持ちが伝わるように包みました。

この前の漫画喫茶のときのように、真美は吐息を漏らします。

だんだんとブラウスの裾がずれてきて、ジーンズのブラウスの間に隙間が。。
その隙間からぼくの手は・・・・真美のふくよかなおっぱいを包んでいるブラへと。

さすがにブラをはずすことは出来ないけど、
ブラで包まれていない生のおっぱいに、ぼくの手を直接、触れたのです。

ちょっと窮屈ではあったけど、
やっぱり生おっぱいの感覚は最高です。
しかも、初めてさわる、真美の生おっぱい

読者の皆様、想像してください。
(女性はされているところを、男性は自分がしているところを)

キスしながら、真美のブラウスの中に手を入れて、
ブラの上から左手でおっぱいをもみながら、
右手はブラから露出した生おっぱいを何度も何度も触って・・・

ズボンの中は、やばいくらいに屹立していました。
真美も、大変な洪水だったに違いありません。

どのくらい公園にいたでしょうか。
おそらく2,3時間くらいはいたと思います。

帰りは終電でした。

パンツがひんやりしてたのを、今でも思い出します。

もちろん家に帰ってからは右手で頑張りました(笑)


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
記事を読んでこんな恋愛してみたいとか、ちょっと興奮しちゃったとか、
なんでもいいので、コメントくれたらうれしいです。。。

直接のメールもお待ちしています。
結構、正直にメールしてくれる女性もいるもんですね!!

sskyu1978@yahoo.co.jp


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
[PR]

tag : キス 不倫 婚外 おっぱい スカート 下着

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆうた

Author:ゆうた
30代のごく普通の会社員です。酒とおいしい食べ物をこよなく愛しています!あと、一緒に付き合ってくれる女性さえいればなぁ~(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
おすすめブログ!常に相互リンク大募集中です!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。