FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焦らしの限界

W杯、日本、負けてしまいましたね。残念・・・

真美とお好み焼きデートを済ませ、ブラの隙間からだけど、
真美の生おっぱいの感触を味わったぼくは、次なる目標を考えていました。

しばらくたってこの頃を振り返った真美は、
キスもして、お互いに好きという感情が盛り上がっているけど、
まだ男女の関係にはなっていない。エッチに至るまでの駆け引きが、
すごく新鮮で、焦らしも含めて楽しんでいた」
といっていました。


ハイ。焦らしプレーです(笑)

初めてのデートのとき真美からは
「付き合うことはできても、やっぱりエッチするとかは考えられない。
そこまで旦那のことを裏切れない」
と言ってました。

でも、デートを重ねると何となく真美の気持ちも揺らいでいるのでないか、
と思い始めました。
逢えば必ずキスをするし、この前のデートではブラウスの中に手を入れて、
ブラの上からおっぱいを触っても拒まない。

だからといって、強引に体の関係を持とうとすれば、
真美を悲しい気持ちにさせてしまう。
真美に、ぼくと関係を持ちたいという気持ちを自然に持ってもらう必要がある。

なので、次はブラをはずして、女性の敏感な部分、おっぱいの先(乳首)に目標を定めました。

お好み焼きデートからしばらくたってから、また会社帰りに逢うことになりました。
2時間くらいしか時間ないし、帰ってから旦那とご飯を食べるということで、
恒例のネットカフェでのデートです。

もうこの頃にはネットカフェにも行きなれていて、
いつものネットカフェのいつもの部屋が出来ていました。
2畳くらいの広さでしょうか。
カップルで入れて、扉は完全に閉まる部屋があり、
扉に洋服をかけてしまえば、外からは見えない。
真美とイチャイチャするには絶好のロケーションです。

部屋に入って、この前のデートの話や仕事の話などをしていますが、
ぼくの目的は明確です(笑)
おそらく真美もキスをしていただろうし、されることも分かっていたと思いますが。

はじめはフレンチキス。唇に触れるか触れないかのキスを繰り返し、
徐々にお互いの口が開いてきて、二人の舌が絡み合う・・・
唾液を含め、二人の口からちょっぴりエッチは音が漏れ始めます。

前回、ブラウスの中に手を入れているぼくは、
舌を絡めるキスをしばらくしてから、早速手を忍ばせます。

はじめはこの前と同じように、ブラの上や隙間からおっぱいを触ります。

「真美、大好きだよ。どんどん好きになっちゃう・・・」
「この前デートしたのに、すぐに逢いたくなっちゃった・・・」

と気持ちを伝えながら、真美の服の中に入れた手を
真美の背中に回し、ギュッと抱き寄せます。
そして、真美の目を見つめながら、片方の手で頬に触れながら、
何度もキス、キス、キス・・・
真美も答えてくれます。

「ゆうくん、わたしも大好き。」
「ゆうくんとだったらずっとこうしてキスしていられる・・・」

もう片方の手も真美の服の中に手をいれ、
両手で抱きしめます。

そして・・・・

ブラのホックに手を掛けました。

ここで少し時間を置いて、真美の反応を見ましたが、
嫌がるそぶりはありませんでした。

なので、ホックをはずし、ブラの中で窮屈に収まっていた
真美のDかEという豊かなおっぱいを解放してあげました。

そして焦らすように、おっぱいを下からやさしくもみながら、
舌を絡め、唾液を交換します。
二人の口からは、唾液のちゅぱちゅぱした音が漏れると同時に、
真美の口から、吐息が漏れ始めます。
直接、おっぱいをもんでもらうことに対して徐々に興奮してきているようです。

「ぅ~ん、はぁ、はぁ、ゆうくん・・・・」

ねだるような声が真美からもれます。

真美の髪をかきあげ、耳に息を吹きかけると、
「ぃやぁぁ・・・はぁはぁぁぁ・・・」

とさらに気持ちが高ぶってきます。

そして、いよいよ。

真美のおっぱいの先端に手を触れます。
はじめは触れるか触れないかくらいの感触で。
すでに硬くなっているのが分かります。

真美もキスを要求してきます。
やらしく舌を絡め、真美の乳首に与える力を徐々に強めていきます。
それに呼応するように、真美の舌もやらしく・・・一人の女性として
ぼくを求めてきます。

「真美、すごい舌がやらしく動いているよ」
「キスだけでこんなに硬くなっちゃうの?」
「清楚に見えるのに、ホントは乳首が感じちゃうんだね・・・」


「そんなこと・・・ゆうくんが私のことをこんなにしたんだよ・・・」
「気持ちいいよ・・・もっともっと、ゆうくんのこと知りたい・・・」

真美のスカートの中に手を入れたら、きっとすごいことになっているんだろうな、
とは思いましたが、これ以上はさすがにできません。
でも、着実に、真美の気持ちがぼくに傾いているのが分かりました。

そして、ぼくもこの状況に、ガマン汁が限界に達していたことはいうまでもありません。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
記事を読んでこんな恋愛してみたいとか、ちょっと興奮しちゃったとか、
なんでもいいので、コメントくれたらうれしいです。。。

直接のメールもお待ちしています。
結構、正直にメールしてくれる女性もいるもんですね!!

sskyu1978@yahoo.co.jp



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[PR]

tag : キス 婚外 不倫 スカート おっぱい

プロフィール

ゆうた

Author:ゆうた
30代のごく普通の会社員です。酒とおいしい食べ物をこよなく愛しています!あと、一緒に付き合ってくれる女性さえいればなぁ~(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
おすすめブログ!常に相互リンク大募集中です!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。